本文へスキップ

BAS(ベーアーエス)はフロアバレエの専門団体です

公式SNS & モバイルサイト

「フロアバレエ」という名称について

 

BASフロアバレエと商標登録

 私たちはかつて「バーオソル」という名称でレッスンをしていました。実はBASという団体名もBarre au solというフランス語の名称に由来します。しかし、過去に2度にわたって他人に無断でレッスン名称を商標登録されてしまい、やむなく「フロアバレエ」へと改称したという経緯があります。

 私個人は出願日以前からの先使用権を保有していたので、商標登録されても引き続き名称を使用することは可能でした。しかし、当時育てていた私の生徒たちには、残念ながらその権利が認められません。そのため、生徒が将来このメソッドの教師になったときのことを憂慮して、新たなレッスン名称として「フロアバレエ」と名乗るようにしたのです。

 その際、「フロアバレエという名前で商標登録すれば良いのではないか?」という意見もありました。ですが、「フロアバレエ」というのは平易な名称なので 、私よりも先にその名称を使っている方がいるかもしれません。あえて商標登録はしないという道を選んだのは、その方に私たちが受けたのと同じ苦しみを与えたくないからです。

 ところが、それを良いことに上記の商標登録をした人々も「フロアバレエ」と名乗っていることが後でわかりました。BASフロアバレエではマスタークラスを実施して、全国各地でこれまでに100名近い方々に指導技術を教えていますが、そういった方々には「BASフロアバレエで学んだ、ということをプロフィールなどで名乗ってもいいですよ」とお伝えしています。しかし、SNSのハッシュタグなどで「フロアバレエ」と検索すれば、 BASフロアバレエとは関係ない方々の投稿もたくさん出てきます。自分たちが商標登録した名称を使えばいいのに、何故私たちの使っている名前を皆が真似したがるのでしょうか?

「名前は真似できても、技術は真似できない」

 この信念に基づいて、無我夢中で技術の研鑽を続けてきた末、日本のバレエの身体作りにおいて、いつの間にか私たちは目標とされる立場になっていたことを悟りました。複雑な思いでいっぱいですが、私たちは今後も卑劣な手段はとらず、正々堂々と技術で勝負していく所存です。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

BASフロアバレエ 佐々木 達也

注意喚起

BASフロアバレエは、「バーオソル」「バーオソルクニアセフメソッド」を名乗る個人・団体とは一切関係ありません。また、「バーオソルピラティス」「バーアスティエ」「バーアテール」「フロアバー」「床Ballet」などの商標登録とも無関係です。

もし、どこかで「フロアバレエ」という表示を見かけられましたら、講師のプロフィールなどにBASフロアバレエとの関係性がきちんと記載されているか十分ご注意ください。

商標登録に関する時系列

2012年5月 株式会社Heart beating、「バーオソル」を出願(この時点でバーオソルの指導実績なし)
2013年1月 「バーオソル」が商標登録される
2013年4月 BAS、「フロアバレエクニアセフメソッド」へと改称
2013年4月 国内のバーオソル関係者に改称報告するとともに注意喚起
2015年8月 上記関係者の1人のkanamiこと藤光カナミ氏、「クニアセフメソッド」の呼称で「バーオソルクニアセフメソッド」を出願
2016年3月 BAS、藤光氏に出願の取り下げを申し入れるが、応諾いただけず
2016年8月 「バーオソルクニアセフメソッド」が商標登録される
2016年9月 BAS、「フロアバレエ」へと改称


※特許情報プラットフォームでは、商標権者などの詳細情報を記した日本政府発行の商標広報を検索・閲覧可能ですので、それをご覧いただければ、以上の経緯が真実だということをご確認いただけます。

外部リンク:特許情報プラットフォーム









Twitter